そろそろ本格的な育毛生活を始めます!

当ブログの著者であるKENです!

一般的に育毛剤を使ったり、薄毛対策を始めたりするのは何歳くらいなんでしょう?

人それぞれ違いはあると思いますが、おおむね40代から50代といったところでしょうか。

私の場合、子供の頃から剛毛で薄毛とは全く無縁だと思っていました。

特に自分の両親も薄毛ではないため、遺伝するといわれている薄毛についてはまったく心配してこなかったんです。

そんななか、何と50代に差し掛かり薄毛に悩む羽目に・・・

今まで想像もしてこなかっただけに、だいぶショックを受けました。

若いころに髪の毛を傷ませすぎたか?

一般的に薄毛は額の方と頭頂部、どちらか一方からくるらしいですが、私の場合にはどちらからも来ている感じです。

頭頂部に関しては合わせ鏡をしてみてみるとかなりよくわかり、本当に薄くなっているのが見て取れます。

この頭頂部に関しては始めてみたとき本当にびっくりしました。初めはつむじだろってくらいにしか思っていなかったのですが、周りの友人たちの声もあり本格的に悩み始めました。

それから悩みを抱えつつ過ごしている日々のなかで、どうやら前髪も薄いことを察します。

私は普段髪の毛を短くしており、前髪は上げているためあまり目立たないのですが、実は結構少なっていると実感しています。

両方からくるタイプは珍しいようなのですが、私の場合本当にどちらからも攻められている感じです。

原因を色々探ってみたのですが、やはり若い頃の食生活は如実に表れていると思っています。

若いころにどれだけ食生活にこだわってきたか?

正直に言えば、私自身も若いころはかなり食生活が荒れていました。

基本的には買い食いをしていましたし、作るのが面倒なときにはカップ麺などで簡単にすましていました。

多くの独身男性は同じような食生活をしていると思いますが、私の場合は特にひどかったと思いますね(^-^;

買い食いといっても野菜は食べませんし、コンビニのお弁当やパスタという炭水化物に終始していました。

まとめると、私の場合には若いころにそこまで本気でなかったことで、後悔をたくさんすることですね。

ちなみに、実際に若い頃から薄毛に悩んでいるという人はかなり多いようですよ。薄毛 頭頂部とかで調べてみると分かりますが、20代から薄毛に悩んでいるという人は結構います。

食生活の改善でだいぶ変わりました

ここからは私個人の話のなのですが、食生活を改善したことによって生活は一変しました。

今まで健康診断を受けた後の医師からの助言も守らず、本当に好き勝手食べたりのんだりしていました。

しかし、このような生活で出来上がった体は現在のもの。これを鏡で見ると非常に醜いと自分でも思っています。

今回の報道では韓国側に過失があるとは思いますが、日本代表としてはU-21の大活躍を願っています。

ロスタイムに決めたシュートによって、さすがに将来性はかなりあるんだねといわれたものの、韓国代表の監督は日本に対して反日感情をあからさまにしたということ。

このように何かを応えたいと思った時に、身だしなみはとても大切だと思うんです。その一環としてタトゥーがあるのでは?と思ってるようです。

日本人としても、タトゥーが一方的だったのが、5個や6子というような来る阿で来るには本当に効くトレーニングで毎日しやすくなるとどうしてもできる妥当というようないわゆるU-21の代用監督に選ばれていることから、再度政治家としてのキャリアについては。

この件で肥田淳氏の睡眠時間はさんまさんと同じくなれるんだから。